教育法規

【解説026】市町村の教育委員会は小学校入学前年の11月までに「就学時健康診断」を行い、学校は毎年6月までに「健康診断」を行う。

今回はこれ。ちょっといろいろな話が出てくるのでまず表で確認しよう。 表上の、「就学時健康診断」というのはその名の通り、小学校入学前に行う健康診断のことである。対象の子どもは入学前年の11月末までに受ける。この診断結果をも…

【解説025】「学校保健計画」は学校が定める。「学校環境衛生基準」は文科大臣が定める。

今回はこれ。パッと見、似たような印象を受けるが、保健関係の2つの計画や基準の、「学校保健計画」、「学校環境衛生基準」について。 まず、そもそも「学校保健計画」、「学校環境衛生基準」というのがなんであるのかを説明しておこう…

【解説024】高校では、養護教諭は置かなくてもよい

今回は保健室関係。 まず保健室。保健室はどの学校にも必ず設置しなさい、ということになっている。 学校保健安全法第7条(保健室設置の義務) 学校には、健康診断、健康相談、保健指導、応急措置その他の保健に関する措置を行うため…

【解説022】感染症予防による臨時休業は学校の設置者、非常変災による臨時休業は校長が決定する。

今回は学校の運営について、誰が決定するのか、ややこしいところを表で整理する。せっかくなので、本記事タイトルにない「休業日の設定」、「授業終始の時刻」もついでに追加しておく。 内容 決定するのは 公立学校の学期、休業日 当…

【解説021】公立の小中の教科書採択の流れは「教科用図書選定審議会」→「都道府県教育委員会」→「市町村教育委員会が採択(8月末まで)」

今回は主に小中の教科書の採択の手続きについて。義務教育諸学校で使用される教科書について、どの教科書を選ぶか、決定(採択)権は市町村の教育委員会にある 文部科学省のWebページに詳しく書いてあります。 教科書Q&A…

【解説020】小中は教科書が無償。転校時は「2月末まで」かつ「教科書が前学校と異なる」とき無償支給。

今回は教科書の無償について。 義務教育段階での教科書については、国が購入し、無償で与える(義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律)。小中の教科書のだいたい裏側に、「この教科書はこれからの日本を担う皆さんへの期待…

【解説017】通知表には発行の義務はない

毎学期末に成績の通知表をもらうのが恒例になっているかと思われるが、この通知表は法的には作成する必要はないのである。(そうはいっても実際には慣習に従って作成することになるわけだが) では演習。 (演習) 次の文の正誤判定を…