教育法規

【解説036】多くの公立小中教員、服務監督は市町村教委だが任命権者は都道府県の教委

多くの小学校中学校は市町村立であり、その教員の服務の監督は市町村の教育委員会が行う。しかし、給与負担者および任命権者は都道府県の教育委員会となっている。監督者と、お金を出す元が違っているのだ。 本来は、学校を設置した市町…

【解説034】市町村の区域に児童委員を置く。

そもそも「児童委員」って?という方もいらっしゃると思われるので、簡単に説明する。児童委員は、地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるように、子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとなどの相談・支援等を行う、とさ…

【解説029】性行不良による出席停止の要件は、「性行不良」かつ「他の児童生徒の教育の妨げになる」こと

今回の「性行不良による出席停止」、そして前回記事の「懲戒」に関する話題は、全国の自治体で頻出の内容である。 性行不良による出席停止の要件は、「性行不良」かつ「他の児童生徒の教育の妨げになる」こと 前回の記事でも述べたよう…

【解説028】生徒への重い懲戒である退学・停学・訓告は校長が行う。また、義務教育の停学は絶対できない。

まず懲戒について述べた法律を二つ紹介する。 学校教育法第11条(児童・生徒・学生の懲戒) 校⻑及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。た…

【解説027】感染症の出席停止は校長が行い、感染症予防のための臨時休業は学校の設置者が行う。

今回は感染症対策。法的根拠はこれ。 学校保健安全法第19条(出席停止) 校⻑は、感染症にかかつており、かかつている疑いがあり、又はかかるおそれのある児童生徒があるときは、政令で定めるところにより、出席を停止させることがで…