広島県・広島市 教員採用試験 面接等情報

広島県・広島市の教員採用試験の面接で実際に聞かれた質問です。受験の参考になさってください。

(注意1)「匿名掲示板等の情報をまとめたもの」や「書籍からの情報」などではなく、実際に受験した受験生から「きょうさい対策ブログ(運営者:呉屋)」にお寄せいただいた情報をもとに作成しています。
(注意2) 受験生の個人情報に関わる部分など修正・改変している場合があります。

2020年実施分

【中学校】
1次・2次合同
個人面接(面接官2人、25分間)
01 取得見込みの免許状を教えてください
02 なぜ広島市でなく広島県採用を希望するのか
03 教育実習で授業を行う予定の単元について説明してください
→その授業の導入をどのように工夫するか
04 問題発見・解決学習はどのような効果があると思うか
→問題を発見することができない生徒に対して、どのような指導をするか
→自分の専門の教科でどのように問題発見・解決学習を行うか
05 教員に必要な力は何か
→そのように考えたきっかけは何か
06 中学校教員を志望した理由
07 その教科に興味を持ったきっかけは
08 アルバイトやボランティアで子ども達と関わる機会はあったか
→子ども達と関わったボランティアについて詳しく教えてください
→どの程度の頻度でボランティアをしていたか
09 どのような教員になりたいか
10 最近ストレスを感じたことは
→その対処法は

(受験生より)
広島県は、面接前にアンケート記入があり、その内容についても面接で聞かれます。アンケートの質問は
・どのような教員になりたいか。広島県の教育施策を踏まえて具体的に記入しなさい。
・最近ストレスを感じたことは何か。またその対処法は。
の2つでした。質問自体の難易度は高くありませんが、アンケート記入の時間が短く(10分もなかったかも)、書き終えることができなければ相当焦ります。面接をする前から気分が下がってしまうかもしれないので、時間配分には気をつけてください。
面接官は優しい雰囲気ですが、回答をさらに掘り下げて質問されます。適当なことを言ってしまうと、掘り下げられたときに答えられなくなってしまう可能性があるので、私は「少し考える時間を頂いてもよろしいでしょうか」と言って時間を頂き、しっかりと自分の考えを固めてから答えることを意識しました。
面接時間は25分と長いので、普段から30分くらいを目安に面接練習をしていました。25分も面接をしていれば、上手く答えられなかった回答があって当たり前だと思うので、そこですぐに切り替える力も必要だと思います。
頑張ってください!応援してます!

 

自治体別面接情報、一覧ページはこちら