岡山県 教員採用試験 面接等情報

岡山県の教員採用試験の面接で実際に聞かれた質問です。受験の参考になさってください。

(注意1)「匿名掲示板等の情報をまとめたもの」や「書籍からの情報」などではなく、実際に受験した受験生から「きょうさい対策ブログ(運営者:呉屋)」にお寄せいただいた情報をもとに作成しています。
(注意2) 受験生の個人情報に関わる部分など修正・改変している場合があります。

2020年実施分

【中学校】
1次試験 個人面接(面接官2名、10分間)
01 中学校教員を志望した理由
02 生徒を成長させるために教員ができることは何か
03 ボランティアや部活動を通してどのようなことを学んだか
04 情報モラル教育をどのように行うか
05 学生時代に苦労したことは何か
→その経験からなにを学んだか
→過去の自分に何か言葉をかけるとしたら何というか

2次試験 個人面接(面接官2名、15分間)
01 中学校教員を志望した理由
02 どのようなボランティアをしたか
→その経験から学んだことは何か
03 これから教育実習に行くにあたって特に挑戦したいことは何か
04 部活動指導をする上で気をつけたいことは何か
05 学生時代に力を入れて取り組んだことは何か
06 自己PR文に記載しているボランティア活動について詳しく説明してください
07 岡山県のどの地域でも勤務可能か
08 特別支援学校でも勤務可能か
09 教科が苦手な生徒にどのような指導をするか
10 学級担任としてどのようなクラスにしたいか
→そのために具体的にどのような活動をするか

(受験生より)
岡山県の面接は、自分の経験についてよく聞かれました。たくさんの経験をしたり、いままでの経験を思い出し、それから学んだことを整理しておくことが大切だと思います。面接官はとても優しく、頷いたり相槌をうったりしてくれました。また、(受験時点で)これから実施される教育実習で、現在書いている卒業論文と関連した実践の話をしたのは割と手応えを感じました。緊張しすぎず、面接官と会話をする感じで試験に臨むといいと思います。とにかく笑顔で元気よく頑張ってください!

 

自治体別面接情報、一覧ページはこちら