大阪府 教員採用試験 面接等情報

大阪府の教員採用試験の面接で実際に聞かれた質問です。受験の参考になさってください。

(注意1)「匿名掲示板等の情報をまとめたもの」や「書籍からの情報」などではなく、実際に受験した受験生から「きょうさい対策ブログ(運営者:呉屋)」にお寄せいただいた情報をもとに作成しています。
(注意2) 受験生の個人情報に関わる部分など修正・改変している場合があります。

2020年実施分

【小学校】
個人面接
01 模擬授業を終えて、どうだったか
→気をつけた点、もっと改善できた点
→今後の展開
→この授業で子どもたちは楽しめるか
02 志望動機(30~60秒)
→それは大阪だけでなく全国で言えることでは?
→ボランティアをもっと詳しく
03 ボランティアで意見が食い違った経験
04 子どもを厳しく叱ったことがあるか
05 生徒指導で必要なこと2つ
06 人生で壁にぶち当たった経験

(受験生より)
・同じような受験生がゴヤさんと面接練習している動画があったことで、面接に向けてのイメージが湧いた。
・面接、論作文、模擬授業ともに大学で「この先生に見てもらったら受かる人が多い」と言われている先生に何度もアドバイスをもらったこと。(その先生は、このくらい出来ているといいというような基準を分かりやすく示してくださったり、深いところまでアドバイスをくださったりしました。“どうせ受かるなら上位で”ということも何度も言ってくださったのもよかったのかもしれません。)
・学生で経験が浅いながらも、色々なボランティアに行って、それぞれでアピールできることがあったこと。
・今年はコロナの影響で大学にも例年に比べて行けず同じ採用試験を受ける仲間とあまり会えませんでしたが、自治体ごとのチャットで他の受験生とつながり、共有できたことは心強かったです。

【中学校】
2次試験 個人面接(試験官2名,10分弱)
01 志望動機を自己PRを含めて1分
・ESの内容から質問。
02 ボランティアの内容
→1番学んだことは何か。
→具体的にどのような仕事をしていたのか。
→組織として動いたことはあるか?
→なかなか参加してくれない人には、どのように促したか。
03 大阪の子供の印象、イメージは?
04 なかなか積極的でない子どもの良さはどのように見つけていくか?

3次試験 模擬授業,個人面接(試験官3名,20分程度)
・事前に指定されているところの授業
・入室、自己紹介込みで4分半
・最後にまとめなくてもよい
・試験官は無反応

個人面接
01 緊張しているか
02 模擬授業を振り返って
→10点満点で何点か
→その点数の理由、満点ではない理由
→今後何を改善して満点にできるようにするか
→授業のこのあとの展開
03 教員を目指したきっかけ
04 この教科の教員を志望する理由
 
(面接個票の中から)
05 どんな経験をしたか
→どんなことを学んだか
→学んだことをどのように子どもたちに伝えていくか
こんな質問が2,3周ありました

06 自分の短所
→どう改善するか
→子どもたちにどんなことが伝えられるか
07 大学生活で最も困難だったこと
→そこから何を学んだか
→子どもにどんなことを伝えられるか
08 最近関心のある教育ニュース
→どのように取り組んでいくか
→(前問を受けて)それができれば、あなたの考える理想は十分に達成できると思うか?

 

自治体別面接情報、一覧ページはこちら