山形県 教員採用試験 面接等情報

山形県の教員採用試験の面接で実際に聞かれた質問です。受験の参考になさってください。

(注意1)「匿名掲示板等の情報をまとめたもの」や「書籍からの情報」などではなく、実際に受験した受験生から「きょうさい対策ブログ(運営者:呉屋)」にお寄せいただいた情報をもとに作成しています。
(注意2) 受験生の個人情報に関わる部分など修正・改変している場合があります。

2020年実施分

【小学校】
個人面接1(面接官3名,15分程度)
主にエントリーシートや個人に関することが聞かれた
01 志望理由
02 小学校で英語を教えるにあたり一番大切にしたいことは?
03 英語嫌いを作らないためには?
04 大学で最も辛かったことは?
05 得意なことを伸ばす、苦手なことを補う、どっちが大事か?
06 最近気になったニュースは?

個人面接2(面接官2名,15分程度)
教育に関する知識や意識に関することが聞かれた
07 希望任地は?
08 賞罰はあるか?
09 本県のいじめの認知件数はどれほどか?それに対する所感は?
10 体罰についてはどう考える?もし保護者から指導のために手を出していいと言われたらどうする?
11 山形県の働き方改革プランは知っているか?自分ならどのように働き方を改善する?
12 教員の不祥事はなぜなくならないか?
13 政治に興味はあるか?政治教育はどうやって行う?
など

(受験生より)
自分なら働き方をどう改善する?という質問には、働き方改革プランによって受動的に改善されるのを待つのみならず、業務の整理やICTの活用など自分にできることを考えて能動的に改善していく、というように回答した。一般論に加えて自分の視点を織り交ぜられたので手応えを感じた。また、私はあまり聞かれなかったが、他の受験者は学校における感染症対策についても聞かれた。この状況が続くとしたら、来年も聞かれる可能性大なので十分理解しておく必要がある。
理想とする教師像を確固として持てば、答えるのが楽だしリラックスして自分をアピールできると感じた。

自治体別面接情報、一覧ページはこちら