秋田県 教員採用試験 面接等情報

秋田県の教員採用試験の面接で実際に聞かれた質問です。受験の参考になさってください。

(注意1)「匿名掲示板等の情報をまとめたもの」や「書籍からの情報」などではなく、実際に受験した受験生から「きょうさい対策ブログ(運営者:呉屋)」にお寄せいただいた情報をもとに作成しています。
(注意2) 受験生の個人情報に関わる部分など修正・改変している場合があります。

2020年実施分

【小学校】
1次試験 集団面接(4名グループ)
※一人一人にAからDの名前を割り振られました。
※ほとんどの質問が挙手性であった。
01 秋田県の探究型授業について
02 なぜ、小学校の教師になりたいのか
→何年生の担任がやりたいか
03 教師として大切にしたいことを簡単に(これだけはAの人から順に答えました。)
04 地域や保護者に信頼される教師になるにはどうしたらいいと思うか
05 社会人に必要な能力と、それを児童に身につけさせる工夫
06 児童勉強したくないと言われたらどうするか

2次試験 個人面接(面接官3名)
※はじめに30秒で考えをまとめ、2分間で述べる問題。
「小学校の教師になるとしてどのような学級目標をつくるか、それを達成するためにどのような工夫をするか」
01 自分が教師に向いていると思うところ
02 模擬授業の感想、足りないと思うところ
03 (秋田県でない大学に通っていたため)秋田県を受けた理由
04 授業中に立ち歩く児童への対応
05 もし、児童に自分の悪口を言われ、イラつくことがあると思うが、その時どのように対応するか。

(受験生より)
どの回答も事前に準備していたので、聞かれてから割と直ぐに答えることができました。
今年はコロナ禍での受験で、集団討論や、模擬授業の集団議論、英語面接などできない試験がありました。その中でも、想定される質問への答えは全部作っておいてよかったと思います。(一次二次合わせて250個の回答を作りました。)

自治体別面接情報、一覧ページはこちら