愛媛県 教員採用試験 面接等情報

愛媛県の教員採用試験の面接で実際に聞かれた質問です。受験の参考になさってください。

(注意1)「匿名掲示板等の情報をまとめたもの」や「書籍からの情報」などではなく、実際に受験した受験生から「きょうさい対策ブログ(運営者:呉屋)」にお寄せいただいた情報をもとに作成しています。
(注意2) 受験生の個人情報に関わる部分など修正・改変している場合があります。

2020年実施分

【特別支援】
1次試験 個人面接
01 自立に向けた指導とはどういうものか
→自立を促すために何を一番大切にするか
02 教科を合わせた指導の意義とは何か
03 あなたの住んでいるところのいいところは
04 なぜ愛媛県を受験したか
05 特別支援教員として心掛けたいことは
06 先生に向いているところはどんなところか

【中学数学】
個人面接 (面接官4人,15分程度)
01 場面指導(紙が裏返してあって、ひっくり返して、読み上げる)
「A子さんは難関私立高校を目指している。成績も優秀で問題行動は全くない。だが、授業では、塾のテキストをして授業を聞いていない。あなたはA子さんにどのように指導するか。」

02 部活動のことについて
03 大学でも部活動を続けたのですか?
04 部活動が数学に繋がってるなと思ったこと
05 数学の面白さは
06 数学の面白さを生徒に伝えるために
07 愛媛県以外で受けている県は
08 民間は?
09 希望地域はないと聞いていますが、本当ですか?

小論文 (1000~1200文字 60分)
学校生活を送る上で勉強面と生活面の両方の指導が大切である。あなたは教師としてどのような指導をするか、具体的にかきなさい。

(受験生より)
・場面指導は実際に練習しといた方がいい。面接官はずっと反論してくる。それに対して、どう受け答えできるかが試されている。
・個人面接は、そんなに1次試験と変わらず、志望動機や自己PRから掘り下げられるような質問が多いと思った。難しい質問はなく、落ち着いて話すことが出来た。愛媛の教採の面接は、本当にここで本当に働いてくれるか見ている気がした。
・小論文は、愛媛は特に文字数が多いから練習して、慣れていた方が落ち着いてできると思う。

 

自治体別面接情報、一覧ページはこちら