教員採用試験 配点予想【東京 神奈川 埼玉】

教採 面接回答 基礎シリーズ 資料

理由を大事にした教員採用試験の面接対策資料。50問の質問・その回答例収録。8本の解説動画シリーズに連動。こちらから。

関東3都県の教員採用試験の配点をまとめてみました。数値の一部に過去の実績に基づく予想値が含まれておりますので、予めご了承ください。なお、特別選考や実技科目では下記と異なる場合がありますので,各自で確認をしてください。

東京都

(1次試験)

教職教養 100点 ※ 60分
専門教養 100点 ※ 60分
論文 100点 ※ 70分,1050字以内

(2次試験)

集団面接 合わせて600点 ※ 指定された課題について受験者間の話合いや質疑応答を行う。
個人面接 受験者があらかじめ作成し試験当日に提出する「面接票」及び「単元指導計画」等を基にして、質疑応答を行う。

※配点については予想値。1次試では教職教養・専門教養・論文それぞれに基準点(足切り)あり。

神奈川県

(1次試験)

一般・教職教養 100点 ※ 60分
専門教養 100点 ※ 60分
論文 40点 ※ 60分,800字程度,1次試験で実施するが採点は2次試験→2020年は中止

(2次試験)

個人面接 200点 ※  
模擬授業(協議を含む) 60点 ※ 指定されたテーマに沿った1単位時間の授業計画を立て、導入から展開にかけての最初の10分間 (準備、片付けを含む)を模擬授業として行う。
協議は、最初に各受験者から自己評価を発表し、その後は、司会を決めずに受験者同士で、模擬授業とその自己評価及び指定されたテーマに沿って協議を行います。→2020年は中止

※配点については予想値。すべての項目で基準点(足切り)あり。

 

埼玉県

(1次試験)

一般・教職教養 100点 60分
専門教養 100点 60分

(2次試験,小/中/養/栄)

個人面接 100点 質疑応答(場面指導を含む)
論文 50点 60分,800字程度
集団討論 90点 数人のグループで,当日示されるテーマについての討論

(2次試験,高/特)

個人面接 90点 質疑応答
集団討論 70点 数人のグループで,当日示されるテーマについての討論
論文 50点 60分,800字
集団面接 90点 5人程度の集団で,質疑応答

※2020年実施要項から作成

 

教採 面接回答 基礎シリーズ 資料

「なぜそうなるのか」を大事にした教員採用試験の面接対策資料です。50問の質問・その回答例収録、8本の解説動画シリーズに連動。

教採 面接回答 基礎シリーズ オプション資料ページはこちら(note, 1980円)