教職教養 ランダム演習27

第27目のランダム演習です。一覧ページはこちら

教職教養の各分野から、難問や奇問を排除した標準的な問題を10問扱います。力試しにどうぞ。解答はボタンをクリックすると見ることができます。

第1問 学校教育法施行規則第63条
非常変災その他気迫の事情があるときは、(    )は、臨時に授業を行わないことができる。

【選択肢】
校長、学校の設置者、市町村教育委員会

解答はこちらをクリック
校長

非常変災による臨時休業は校長が判断する。

解説はYouTubeでも公開しています

第2問 スクールソーシャルワーカーの役割として適切でないものを1つ選べ
(1) 心理の専門家としてカウンセリング等を通じた、悩みや問題を抱えている児童生徒とその関係者への支援
(2) 課題を抱える児童生徒の家族、友人関係、学校、関係機関、地域等への働きかけ
(3) 保護者と教職員の間の調整、橋渡し
(4) 保護者、教職員等への関係機関や地域の社会資源に関する情報提供または紹介

解答はこちらをクリック
(1) 

スクールカウンセラー(SC)とスクールソーシャルワーカー(SSW)を混ぜるのが教採問題作成者の常套手段である。SCは心の専門家、SSWは社会福祉の専門家とされる。

解説はYouTubeでも公開しています


第3問 地方公務員法
第33条 職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の(   )となるような行為をしてはならない。
第35条 職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の(   )のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。
【選択肢】不利益、不名誉、注意力、能力

解答はこちらをクリック
(順に)不名誉、注意力

第33条は「信用失墜行為の禁止」と言われる条文である。

解説はYouTubeでも公開しています

第4問 教育公務員特例法第9条
法律に定める学校の教員は、自己の崇高な使命を深く自覚し、絶えず(   )と修養に励み、その(   )の遂行に努めなければならない。

【選択肢】研修、研究、職務、職責

解答はこちらをクリック
(順に)研究、職責

解説はYouTubeでも公開しています

 

第5問 資質・能力の3つの柱とは
(1) 「何を理解しているか、何ができるか(生きて働く「(    )」の習得)」
(2) 「理解していること・できることをどう使うか((    )にも対応できる「思考力・判断力・表現力等」の育成)」
(3) 「どのように社会・世界と関わり、よりよい人生を送るか(学びを人生や社会に生かそうとする「( )」の涵養)」
【選択肢】知識・技能、基礎・基本、現代的な諸課題、未知の状況、学びに向かう力・人間性等、関心・意欲・態度

解答はこちらをクリック
(順に)知識・技能、未知の状況、学びに向かう力・人間性等

新しい学習指導要領の「資質・能力3つの柱」は基本事項なので口頭でも言えるぐらいにしておきたい。

解説はYouTubeでも公開しています

 

第6問  

新しい学習指導要領 総則 道徳教育目標(小学校)

学校における道徳教育は、特別の教科でもある道徳(以下「道徳科」という。)を要として学校の(     )を通じて行うものであり、道徳科はもとより、各教科、外国語活動、総合的な学習の時間及び特別活動のそれぞれの特質に応じて、児童の発達の段階を考慮して、適切な指導を行うこと。

【選択肢】あらゆる場面、教育活動全体

解答はこちらをクリック
教育活動全体

生徒指導提要などでもよく用いられる表現。

解説はYouTubeでも公開しています

第7問 明治期の義務教育制度の確立について
1900(明治33)年に小学校令が大幅に改正された。この改正により、義務教育は(  )年制となり、(   )以来徴収されていた授業料を尋常小学校では徴収しないことを原則とした。
1907(明治40)年には小学校令の一部が改正され、尋常小学校の修業年限は(  )年となった。

【選択肢】2、4、6、学制、教育令

解答はこちらをクリック
(順に)4、学制、6

解説はYouTubeでも公開しています

第8問 (    )の教育観は消極教育とよく呼ばれる。彼は、大人や教師が外から教えるのではなく、子ども自身が気づくことが大切であるとしている。その教育観はその著書『(    )』によく現れている。
【選択肢】ペスタロッチ、コメニウス 、ルソー、大教授学、エミール、隠者の夕暮

解答はこちらをクリック
(順に)ルソー、エミール

解説はYouTubeでも公開しています

第9問 アメリカの認知心理学者(     )は、著書に『教育の過程』があり、学習者の知的発達と学問上の基本的概念を融合し、学習方法として学問的探究を強調した。

【選択肢】コンドルセ、ブルーナー、ナトルプ

解答はこちらをクリック
ブルーナー

コンドルセはフランス革命の時期にフランス公教育の案を作成した人物。ナトルプは『社会的教育学』の著者。

解説はYouTubeでも公開しています

第10問 (    )は1806年の「一般教育学」の中で、教授の方法として四段階教授をかかげた。

【選択肢】
マカレンコ、ヘルバルト、パーカースト

解答はこちらをクリック
ヘルバルト

マカレンコはソ連の教育家で集団主義教育で有名。パーカーストは個別での学習を推奨したドルトンプラン提唱者。

解説はYouTubeでも公開しています

次のランダム演習↓

ランダム演習28

ランダム演習の一覧ページはこちら