おまとめプリント2020

教職教養の基礎を、30枚のプリントおよび解説動画で効率よく学習できる「おまとめプリント2020」はこちらから。

神奈川県 教員採用試験 一般教養の傾向【2020年夏向け】

神奈川県の教員採用試験は、一般教養30問と教職教養20問が合わせて50問出題されます。そのうち一般教養30問は、毎年ほぼ同じ形式で以下のように問題が出されています。以下は2019年のものです。

問題番号

分野

1〜5

国語

(四字熟語、敬語、文章の理解、古文解釈、俳句など)

6

音楽

(楽譜を見てなんの曲か答える など)

7

美術

(絵を見て作者名を答える など)

8~10

英語

(英文法 会話文 英文の内容把握 など)

11〜13

中学歴史

(日本と世界で同じ世紀に起こった出来事を選ぶ 室町時代の文化 明治時代の出来事 など)

14〜16

中学地理

(日本の国土 ヨーロッパ州の地理 など)

17〜20

中学公民

(憲法前文 衆議院参議院の違い 社会保障制度の4つの柱 地球環境問題への取り組み など)

21,22

人権関係

(最近の差別撤廃に関する法律 障害者差別解消法 など)

23〜26

中学数学

(計算問題 関数 図形の証明 確率 など)

27〜30

中学理科 ※各分野から1つずつ

(物理…動滑車の問題

化学…水素と酸素の分子モデル

生物…被子植物の特徴

地学…マグマが冷えて固まった岩石)

問題番号1〜10の国語・音楽・美術・英語の問題は対策しないでよいでしょう。出るかわからない四字熟語を覚えたり、(音楽専門以外の方が)楽譜を読めるようにいっぱい楽譜を読むなんてするのはコストパフォーマンスが悪すぎです。問題番号1〜10には国語や英語もありますし、何も対策しなくても平均的な大学生の力があれば半分ぐらいはフツーに取れるはずです。ここでは差がつかないと、対策は敢えてしないとするべきでしょう。

一方、差がつくのが10問ほど出題される「中学社会」、8問ほど出題される「中学数学・中学理科」となるでしょう。教採は同じ教科の人たちの中で勝負する科目なので、例えば社会科の先生であればほぼ全員が「中学社会」は満点となりますから、「中学数学・中学理科」の出来が合格に大きく左右することになります。自分の専門と離れた分野でいかに点数を取れるかが一般教養攻略の鍵となります。

神奈川県の一般教養の分析をより詳しく分析したい方のために、最新3年分の分類表をPDFファイルを無料でnoteで公開します(なお、2003年までの17年分の分類表は420円で販売しています)。興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。

神奈川県教員採用試験 一般教養傾向シート

神奈川県教員採用試験 一般教養傾向シート(note)

 

おまとめプリント2020

効率よく教職教養を学習できる「おまとめプリント2020」はこちらから。

スポンサーリンク